スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラニオンオーバーホールの巻

みなさんこんにちは。

月一更新が恒例になりつつあるなと感じる今日この頃の5/18です。
GWも終わり、夏に向け一直線!?

さ~て今日のお話は!
トラニオンオーバーホールです。
トラニオンって何?
リヤ2軸大型トラックのリヤリーフスプリング下にあるシーソー見ないな部分です。
グリースアップをしていても経年劣化でトラニオンシート(サドル)内のブッシュが磨耗していきます。

①早期オーバーホールならサドル部のトラニオンブッシュ等を交換して終了。

②磨耗が進むとシート本体の磨耗や亀裂をおこしてしまいます。
その場合は↓のシート(サドル)で交換。
seat01.jpg
純正品は12万円~18万円と高額!!
そこでお勧めの市販品!
価格は49.000円or54.000円で消費税込価格&送料無料!!
とってもお得です。
お問合せ・お求めは→クリック「YOKOSYA」

更に磨耗が進んでいるとシャフト自体も磨耗し細くなってしまいます。
シャフトがやせた状態で、シート(サドル)を交換してもガタは残ってしまい、せっかくのシートも痛みが早くなってしまいます。
③そんな時は思い切って、↓トラニオンアッセンで交換!
trn006.jpg
これも市販があります。
こちらのトラニオンアッセンはシート(サドル)も組込み済でとってもお得ですよ!
お問合せ・お求めは→クリック「YOKOSYA」

リヤのスプリングUボルトが車輌フレームに干渉している場合、トラニオンシャフト自体の磨耗も進んでいると思われますのでトラニオンアッセンでの交換ををお勧めします。

シート交換、アッセン交換、どちらの場合も、スプリングUボルトが抜けないことが多いのでUボルトの準備をお勧めします。

過去こんな事がありました。
※トラニオンシート(サドル)をご購入いただいたのですが、シャフトも痩せガタが残るということで、アッセンを追加購入。
※トラニオンシート(サドル)をご購入いただき納品、整備時取り替えたらガホガホなんだけど・・・違うものが来てない?
  調べていくと、納品したシートに問題は無く、シャフト自体も磨耗していた為にガホガホだった。

でわ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
更新カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
過去全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

最近記事10発!
プロフィール

YOKOSYAスタッフ92ch

Author:YOKOSYAスタッフ92ch

①小さな自動車部品屋でほぼ毎日頑張るスタッフ92chです。
②朝強、夜弱なスタッフ92chです。
③お酒は平均値±αのスタッフ92chです。


92ch/仕事能力
①自動車整備士2級免許有りますが能力未知数です。(笑)

②新品・再生部品・中古部品を経験と直感(笑)で日々販売中です。

③新品・中古パーツ・再生パーツの同時案内中です。

④中古パーツと必要となるスモールパーツの同時案内中です。

⑤見つかりにくい中古部品は車種・車名違いでの同一部品検索で案内中です。

瞬間視力でドン
ザ.5秒
カテゴリ
携帯版ページ読取QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。